第70回(令和2年度)税理士試験の受験案内~申し込み期間、試験日、合格発表日など~

いよいよ今年度(第70回(令和2年度))の税理士試験の試験概要が国税庁ホームページで公開されました。

まだ仮の段階ですが、現時点(令和2年3月5日)での最新情報をこの記事でまとめてみました。

申し込み期間や試験日、合格発表日など、今年度の税理士試験を受験検討されている方はさらっと確認の意味でも見ておいて下さい。

試験方式や試験科目等については例年通りとなることが予想されますので、このあたりは以前まとめた以下の記事を参考にしていただければと思います。

税理士の試験概要~受験資格/申し込み方法/試験日/合格ラインなど~

なお、新型コロナウイルスの影響により各日程などが変更になることも予想されますので、変更事項があった場合は随時この記事で更新していきます!

受験案内の請求期間と請求方法

受験案内は国税庁のホームページにてPDF形式でも公開されていますので閲覧はできますが、申込用紙(受験願書・受験申込書兼写真票・受験票)はインターネットで入手することはできません。

受験に必要な書類は国税局等の窓口で入手するか、郵送にて請求して入手しなければなりません。

■郵送による請求の場合
請求期間
未定
請求方法
封筒の表面に「税理士請求」と赤書の上、返信用封筒(A4判大)を同封して、管轄の国税局に1人1部ずつ請求すること。
なお、返信用封筒には、郵便番号・宛先を明記し、140円分の切手を貼ること。
申込受付期間以前に申し込みをしても受理してもらえないので、注意して下さい。
■窓口での請求の場合
請求期間
未定
請求方法
各国税局等の窓口によって入手の方法は異なりますので現地におられる係員の方に尋ねてください。
なお、交付されるのは全国12箇所の『国税局または沖縄国税事務所』のみで、税務署等での交付はありませんので注意してください。
※郵送先については例年通り変更はありませんので、試験概要記事にてご確認下さい。

受験申し込み期間

令和2年5月7日(木)~令和2年5月19日(火)

また、受験願書の提出方法については、例年通り郵送のみ(一般書留、簡易書留又は特定記録郵便)となります。

国税局等に直接持参しても受理されませんので注意しましょう。

試験日程

令和2年8月18日(火)~令和2年8月20日(木)

試験日程については、日本でオリンピックが開催されることによる宿泊先確保の懸念材料があるため、例年よりも少々遅い開催となっております。

特に試験会場付近に前乗りしようと考えておられる方にとっては宿泊先不足は死活問題になりますので、そのあたりを考慮してのものということのようです。

合格発表日

令和2年12月18日(金)

まとめ

以上、第70回(令和2年度)税理士試験の受験案内についてまとめてきました。

ただ、冒頭でもご説明した通りこの情報はまだ現時点(令和2年3月5日)での仮の情報です。

日本は今、新型コロナウイルスの影響により様々なイベントなどが中止、もしくは延期をせざるを得ない状態になっておりますので、税理士試験についてもここからまだ変更が出ることも予想されます。

確定申告の時期ですら伸びている状態ですからね。

国税庁から何らかの発表があり次第、随時この記事で更新していきますので、注意して見ておいて下さい!

コメントは受け付けていません。

当サイトで人気の税理士通信講座ランキング

クレアール

クレアールの税理士通信講座

学習範囲を広げ過ぎずムダな部分を徹底的に省いた『非常識合格法』で短期間での合格を目指せます!割引制度もかなり強力で、業界最安水準の受講料で学習できるのも魅力的です!

詳細はこちら

スタディング

スタディングの税理士通信講座

教材全てがオンライン上で完結する次世代型Eラーニングシステムを採用しており、スマホさえあればいつでもどこでも学習が可能!管理人が知る限り税理士の講義付通信講座では最安値です!

詳細はこちら

大原

大原の税理士講座

2016年度から3年間の全国官報合格者の約6割超が大原の生徒という圧倒的な実績があり、講座種類も多数用意されています!大手資格学校ならではの手厚いサポート体制も特徴のひとつです!

詳細はこちら